言霊術占い師で言霊ニアのコトダマン           言霊の力だけで、借金490万円を完済した男

言霊の力で、人生が好転した、【言霊ニアのコトダマン】です。誰でも簡単に言霊の力で人生の運気を爆上げできます!!秘訣は、感謝の気持ちと継続する事だけです!!

言霊の力が日本でメジャーになった背景ときっかけとは・・・

こんにちは、言霊術師で言霊ニアのコトダマンです。

今回は、言霊の力が日本でメジャーになったきっかけについて解説していきます。

 

   

 

1. 古代の信仰と言霊の発端:

日本の歴史において、言霊の概念は古代から存在していました。

神道や仏教、陰陽道などの宗教が発展する中で、言葉には神聖な力が宿るとの信仰が深まりました。

 

2. 古典文学との結びつき:

日本の古典文学、特に万葉集平家物語などには、言葉が物事を創り出す力が詠まれています。

これらの文学作品が広く読まれ、言霊の力への理解が深まったと言えます。

 

3. 武士道との関連:

中世の武士階級も、言葉の力に敏感でした。

武士道の中には、誓いや戒めが言葉となって表れ、これが彼らの行動規範となりました。

 

4. 江戸時代の歌舞伎や浮世絵:

江戸時代には歌舞伎や浮世絵が隆盛を極めました。

これらの芸術形式では言葉が舞台や絵と共に使われ、観客との共感を生み出しました。

 

   

 

5. 近代の思想家と言霊:

近代になると、思想家たちも言霊に注目しました。

例えば、幕末の儒学者である福沢諭吉は、言葉の力について独自の見解を示しました。

6. 戦後の復興期と希望の表現:

戦後の復興期において、言霊の概念は国家や個人の再生と結びつき、希望や前向きなエネルギーの表現として重要視されました。

これは社会全体に広がりを見せました。

7. 現代のポジティブ思考の流れ:

現代においても、ポジティブ思考や自己啓発の流れが広がり、言葉の力が強調されています。

書籍やセミナーにおいて、言霊の概念が取り上げられ、多くの人々に影響を与えています。

言霊の力が日本でメジャーになった背景には、歴史、文学、芸術、思想、社会の様々な要素が絡んでいます。

これらが相互に影響し合い、日本独自の言霊文化が形成されてきました。

言葉の持つ神聖な力を理解し、ポジティブな言葉を大切にすることは、今もなお多くの人々にとって重要な価値観となっています。

言霊ニアのコトダマンが制作した

セレブ龍王 クリスタルキューブ」は、このアイテム1つで

様々な電波塔(周波数に合わせられる)に役割になる開運アイテム。

 

こちらの開運アイテムは、玄関に飾り毎日「感謝しています」と声をかけ

1週間に1度「感謝しています」と綺麗に磨いて

1か月に1度、満月か太陽の光に1時間ほど当ててあげるだけで

半永久的に開運を引き寄せてくれる開運アイテムです!!

 

ご購入は↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓から

suzuri.jp

 

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村